離婚財産分与の種類

離婚によって発生する、「離婚財産分与」。「財産分与」には、いくつかの種類が存在しています。

 

 3つの「財産分与」と、ひとつの「清算」

 

「財産分与」は法律的に、「清算的財産分与」「扶養的財産分与」「慰謝料的財産分与」の、大きく3つに分けることが出来ます。その3つの「財産分与」に加え、「過去の婚姻費用の清算」について、それぞれ詳しく見てみましょう。

 

・清算的財産分与
財産分与のうち、メインとなるのが清算的財産分与です。その対象となるのは、「共有財産」と「実質的共有財産」の2つ。結婚後、夫婦が婚姻生活の中で協力して取得した財産のことを指します。
逆に、対象外となるのは「特有財産」と呼ばれるものであり、次の3つを指します。ひとつ目は、夫婦それぞれが、結婚前から所有していた財産。二つ目は、相続などの特殊な理由で取得した財産。そして、嫁入り道具。
婚姻前から片方が有していた財産と、婚姻中であっても夫婦の協力とは無関係に取得した財産であるこの3つは、清算的財産分与の対象外となります。

 

・扶養的財産分与
清算的財産分与をふまえ、補充的に加算されるのが「扶養的財産分与」です。
離婚時に、片方が病気である、経済力に欠けている、あるいは高齢であったりする場合など、離婚により生活が困窮する方を扶養する目的で、夫婦の一方が他方に対して財産を分け与えるために行われます。

 

・慰謝料的財産分与
財産分与にあたり、離婚の際に発生した慰謝料も含めることが出来ることを指し、「慰謝料的財産分与」といいます。
そのため、財産分与に慰謝料が含まれていて十分に補てんされている場合、別途慰謝料を請求することはできません。ただし財産分与に慰謝料が含まれていても補てんが不十分な場合は、別途慰謝料請求が可能です。

 

・過去の婚姻費用の清算
婚姻費用の支払い義務は、一般的には請求してから後に発生するとされています。通常時においては、請求を申し立てた以降の分のみが認められることとなります。
離婚の際における過去の婚姻費用の扱いはというと、財産分与の中で考慮すべき一切の事情に含まれるとされています。
例えば、夫の収入のみで生計を立てていたが、ある時を境に夫が生活費を渡してくれなくなり、その後結果的には離婚に至った。というケースを考えてみます。妻はその際における財産分与の話し合いの中で、生活費を渡してもらえなくなったときから離婚が成立するまで、つまりは過去の婚姻費用の清算もきちんと主張することが可能なのです。

 

不動産査定

浮気・不倫トラブル

不動産一括査定のイエウールで、離婚財産分与のための不動産売却価格をお調べいただけます。

 

>> 無料査定はこちら <<

探偵さがしのタントくんなら、たった2分の簡単入力で匿名OK!何度でも相談無料な探偵事務所を紹介してもらえます。

 

>> 無料紹介はこちら <<

離婚相談

賃貸物件

日本法規情報なら、全国約1,000事務所、3,000人以上の専門家から離婚相談が無料でできます。

 

>> 無料相談はこちら <<

別居で賃貸物件をお探しなら、賃貸仲介手数料50%オフのエイブルへお問い合わせください。

 

>> 詳細はこちら <<

引っ越し業者

借金相談

別居で引っ越し業者をお探しなら、引っ越し侍の一括見積りで最安値をお調べいただけます。

 

>> 無料見積りはこちら <<

離婚財産分与で借金問題を抱えているなら、樋口総合法律事務所の無料相談で解決策がわかります。

 

>> 無料相談はこちら <<