離婚財産分与 住宅ローン

結婚して、家族が出来て、家を買い、その後、夫婦は離婚しました。その場合、購入した住宅はもちろん、残った住宅ローンの支払いや、義両親が出してくれた購入時の頭金など、これらは離婚財産分与においてどのような扱いになるのでしょうか。

 

 一括で購入できていれば・・・

 

たとえば、婚姻後に夫婦で協力して得た財産のみで一括支払いをし、住居を取得。その後、夫婦は離婚しました。この場合、購入した住居は夫婦の「共有財産」となり、離婚財産分与の対象になります。
ただ、「一生の買い物」とも言われる住居の購入にあたっては、ある一定程度の額の頭金を用意したり、住宅ローンを利用しするなど、その支払い方法も様々に存在しています。
離婚財産分与の場合、頭金がどのように用意されたものであるか、そして、離婚後も住宅ローンが残ってしまっているなど、様々な問題が生じてきます。

 

 購入時の頭金

 

住居の購入にあたって、夫婦の片方の両親が頭金を用意してくれた場合。その頭金は離婚財産分与において、どのような扱いになるのでしょうか。夫婦いずれかの両親が、住居購入における頭金を夫婦に贈与する。その贈与の目的はというと、夫婦の結婚生活のためであるということができるでしょう。そのため、たとえば夫の両親が出してくれた頭金であっても、夫婦の共有財産であるとみなされます。よって、頭金相当分は離婚財産分与の対象になります。
また、夫婦の片方が、相続の前倒しという形で得た財産を頭金に充てた場合。そして、夫婦のそれぞれが、結婚する前から貯金していたお金を頭金に充てた場合。これら2つのケースにおいて、頭金相当分は「特有財産」となり、財産分与の対象にはなりません。

 

 住宅ローンが残っている住宅

 

住宅ローンなど、ローンを組んで住居を購入した場合。例えば、離婚することを想定に入れたうえで住宅ローンの支払計画を立てている夫婦は、かなり珍しいのではないでしょうか。そのため、離婚した時点でもまだローンの支払いが残っているケースも。そのような、“オーバーローン住宅”の場合、どのような財産分与がなされるのでしょうか。
住宅ローン残が存在する住宅の金額計算方法はというと、住宅の時価から住宅ローンの残額をマイナスし、残りの分が財産分与の対象金額となります。例えば時価3000万円の住宅で、夫名義の住宅ローン残債は1000万円の場合、3000万円から1000万円を差し引き、残り2000万円が離婚財産分与の対象となります。

 

不動産査定

浮気・不倫トラブル

不動産一括査定のイエウールで、離婚財産分与のための不動産売却価格をお調べいただけます。

 

>> 無料査定はこちら <<

探偵さがしのタントくんなら、たった2分の簡単入力で匿名OK!何度でも相談無料な探偵事務所を紹介してもらえます。

 

>> 無料紹介はこちら <<

離婚相談

賃貸物件

日本法規情報なら、全国約1,000事務所、3,000人以上の専門家から離婚相談が無料でできます。

 

>> 無料相談はこちら <<

別居で賃貸物件をお探しなら、賃貸仲介手数料50%オフのエイブルへお問い合わせください。

 

>> 詳細はこちら <<

引っ越し業者

借金相談

別居で引っ越し業者をお探しなら、引っ越し侍の一括見積りで最安値をお調べいただけます。

 

>> 無料見積りはこちら <<

離婚財産分与で借金問題を抱えているなら、樋口総合法律事務所の無料相談で解決策がわかります。

 

>> 無料相談はこちら <<