離婚財産分与の年金分割

誰の老後にとっても重要なのは、年金。専業主夫・主婦であった方がもし離婚した場合、年金分割をすれば、もう片方の年金を半分もらえると思うことが多いようですが、本当にそうなのでしょうか?

 

 年金分割とは?

 

年金分割とは、夫婦それぞれが支払ってきた厚生年金を、決められた割合で分割する制度のことを指します。
年金分割制度が施行される前、離婚後に専業主婦であった妻が受け取れる年金は、年間約80万円でした。この年金水準の低さでは、離婚後の生活に経済不安が付きまとってしまう恐れがあります。
この問題を解消すべく平成16年に法改正が行われ、平成19年4月以降の離婚に適用されることとなったのが、年金分割です。年金分割では、年金支給金額の多い方から少ない方への分割が行われます。たとえば妻が専業主婦だった場合、離婚後に、夫の支払った年金保険料の一部は、妻が支払ったものとして分割されることになります。分割の限度は、年金保険料の最大半分まで。将来受け取れる年金額については、分割後の支払金額に基づいて計算されることとなるため、年金水準を向上させることが可能なのです。
そもそも、夫婦の片方が支払ってきた年金保険料とは、夫婦の婚姻生活における協力があったからこそ支払い続けることが可能であったもの。離婚の際に、家事や育児など、夫婦の営む家庭を支えてきた専業主婦労働が年金に反映されないというのは、妻にとっては過酷過ぎる現実だったということができるでしょう。

 

 年金分割の2つの制度

 

年金分割には「合意分割制度」と「3号分割制度」の2つの制度があります。

 

・合意分割制度 (最大で2分の1)
合意分割の按分割合は、最大で2分の1です。
離婚の際、夫婦のどちらか片方の請求により、婚姻期間中の厚生年金、共済年金の保険料納付記録を分割できる制度です。分割するか否かの決定及び、分割する際の割合については、夫婦間の合意や、裁判所の決定に基づくこととなります。

 

・3号分割制度 (自動的に2分の1)
3号分割制度の分割割合は、自動的に2分の1です。
妻からの請求だけで年金分割できるのが3号分割制度です。夫の厚生年金・共済年金の保険料納付記録について、夫の同意が無くとも、自動的に2分の1に分割することが可能です。
ただし、期間に制約があるため注意が必要です。分割対象となる保険納付記録は平成20年4月1日以降のもの。それ以降の婚姻中において、妻が第3号被保険者であった期間だけが、3号分割制度の対象となるのです。

 

不動産査定

浮気・不倫トラブル

不動産一括査定のイエウールで、離婚財産分与のための不動産売却価格をお調べいただけます。

 

>> 無料査定はこちら <<

探偵さがしのタントくんなら、たった2分の簡単入力で匿名OK!何度でも相談無料な探偵事務所を紹介してもらえます。

 

>> 無料紹介はこちら <<

離婚相談

賃貸物件

日本法規情報なら、全国約1,000事務所、3,000人以上の専門家から離婚相談が無料でできます。

 

>> 無料相談はこちら <<

別居で賃貸物件をお探しなら、賃貸仲介手数料50%オフのエイブルへお問い合わせください。

 

>> 詳細はこちら <<

引っ越し業者

借金相談

別居で引っ越し業者をお探しなら、引っ越し侍の一括見積りで最安値をお調べいただけます。

 

>> 無料見積りはこちら <<

離婚財産分与で借金問題を抱えているなら、樋口総合法律事務所の無料相談で解決策がわかります。

 

>> 無料相談はこちら <<